お知らせ

40歳以上でも美容師で働く方法

はじまして。

タカオと言います。

簡潔に自己紹介を。

僕は16年目の美容師で生まれは神戸市。

専門学校は大阪。

14年東京は原宿、銀座、目黒、麻布と様々な環境で働いてきました。

正社員→シェアサロン(面貸し)→低料金サロン(個人事業主系)→正社員のはずが無給→正社員

という経験を持っています。

派遣美容師やアルバイトの経験以外は一通り経験してきました。

また2.3カ月働いて給与0の経験もありました。

20代は【デザイン】や【トレンド】に夢を重ね、がむしゃらに追いかけ…

コンテストに明け暮れて、小さな大会ではありますがクリエイティブフォトで優勝した経験もあります。

そんな経験を経て…

少しずつ実力と経験が身に付き、後輩も増え、気付けば管理職…

さて独立しようか、どうしようか、

周りを見てみると大きく2つに分かれます。

リスクをしょって独立か…

会社に残って頑張るか…

僕は独立前提でやってきましたし、むしろそれしかないと思ってきた。

何故か?

40歳以上のスタイリストがいなかったから。

 

周りの先輩方に40歳以上で現役でスタイリストをしている人がいませんでした。

40オーバーの方だと強いて言うならオーナーさんくらいかな?

それだけベテラン美容師を僕は見てこなかった。

冷静に思うんですけど

何故ベテラン美容師を作れないのか?

 

だって手塩にかけて育ったスタッフ年齢を重ねていく。

一般的な会社だったら出世して上を目指して…

出世出来なくても違う道で活躍して…

 

 

でもね。今の美容業界にはそんな懐の広い余裕はないのよね。

 

自分でお店やるなら安心して働ける条件を整えてあげなきゃ。

条件は…

給料?

やりがい?

お客様?

体力?

色々な事がありますよね…

そんな思いを形にしたのがここ

2016年 Hair salon Maison

担当したお客様と共に年齢を重ねていける関係

年齢を重ねていける土地

年齢を重ねていける店舗

安くてこなさないといけない料金?

お客様の担当数が少なくても満足頂ける料金?

席数は?場所は?

色々模索した独立した土地がずっと働いてきた東京ではなくて、埼玉の浦和でした。

そこにはきちんと理由があります。

そんな想いやこだわりを

これから独立したい。

新しい働き方を探している。

お店の経営で悩んでいる。

良い美容師になりたい。

 

そんな方々に読んでなにかのヒントになればと思います。

ぶっちゃけ、まっーーだまだ未熟ですし、分からない事だらけだけど、【美容師】という職業に僕は誇りに思っている。

偉そうに。と思われるかもしれないけど、美容師が好きなだけなんで勝手に色々語らせて貰います。

そんな最初のご挨拶でした。

タカオ

浦和のヘアサロンで30代、40代が落ち着ける美容室 | maison

さいたま市浦和にあるヘアサロン maisonは、トレンドを押さえたカットから、もちの良い再現性の高いカットまで、お客様のライフスタイルを想像しながらご提案します。1人1人のお悩みに合わせたオーダーメイドの技術で施術します。ぜひご来店ください。

ピックアップ記事

  1. 撮影費ってどうしてますか?
  2. 2店舗目の美容室を出店する理由
  3. 生涯アシスタント制度ってどう?

関連記事

  1. お知らせ

    iPad ProとApple pencilを買ったので、こんな事してみた

    じゃん!今日やっと届きました。スタッフと一緒に…

  2. スタイリストに向けて

    キャンセルはいつからOKになったのか?

    タイトル通りなのですが、まず始めに…時間に遅れてきたり、急に予…

  3. オーナーに向けて

    バ○ュープランでプ○○ナを超えた!?

    ホット○○○ーをされているサロンさんには面白い内容かと思います。…

  4. スタイリストに向けて

    低価格のこの先について

    今日のテーマは【これから先】について。15年前に美容師を始めた時代…

  5. 独立したい人に向けて

    得をするのはポジティブかネガティブか。

    人の幸せを願う  自分の幸せを思う人の不幸を願う 自分の将来に…

  6. スタイリストに向けて

    これからの美容師が大切にする事

    僕がずっと考えている事。それは【いつまで美容師が続けら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. スタイリストに向けて

    2店舗目を出す時の経営者の本音
  2. スタイリストに向けて

    美容師のフリーランスと正社員の今後について
  3. スタイリストに向けて

    単価で最低1万円頂く理由。
  4. スタイリストに向けて

    手抜きとミスの違い
  5. アシスタントに向けて

    ふるさと納税できる余裕
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。