アシスタントに向けて

生涯アシスタント制度ってどう?

最近美容師をしていてたまにこんな事を耳にします。

「スタイリストになりなくないんですよね」

というアシスタントの声をポツポツ聞くようになりました。

時代の変化や働き方の選択肢の幅なのか…

そもそもそれってどうなの?という話しは今回は置いといて…

そんな話しが出てきたのも3.4年前くらい前からですね。

もしずっとアシスタントをする

もしくはアシスタントがしたい

スタイリストにはならずに、アシスタントとしてやっていく

そんな人材が育成出来るのであれば、スタイリストとアシスタントのペアが良い関係性で働き続けれるのは理想的ですよね?

もしそんな人材を育てるのであれば…

まず最初にやるべき事

僕が思うには給与は最低でも25万円位は保証するべきでは?なんて思います。

現35歳の僕が当時アシスタントの時の2002年と

2018年の現代ではアシスタントのあり方は大きく異なります。

少子化でなり手も減ってきています。

景気の良い時代にチェーン展開したサロンが多い時間帯がありました。

いわゆる大型店。

人手があって成り立つタイプのサロンはこれに該当するかもしれません。

今後チェーン店は若手の育成や人手の確保をどうしていくが現時点でも問われていますよね。

うちみたいな小型店はどうするか?

最低限の部分はマンツーマンで成り立つ仕組みだけど、スーパーアシスタントがいてくれるとお客様もスタイリストも嬉しいよね。

だったら今までのアシスタントの考え方を変えていかないといけませんよね?

女性でも男性でもずっとアシスタントを続けてくれて逆に25万円でいいのかな…

むしろもっと価値を見出していけるのでは?なんて思いながら。

そんな形が出来るように柔軟に対応できる経営者でありたいですね…

今日はそんなところで。

ではまたー

タカオ

ピックアップ記事

  1. 撮影費ってどうしてますか?
  2. コロナ禍の中でお客様と美容師の価値観が変わった事
  3. 2店舗目の美容室を出店する理由
  4. 美容師が続けれる人の特徴
  5. 生涯アシスタント制度ってどう?

関連記事

  1. アシスタントに向けて

    コロナ禍の中でお客様と美容師の価値観が変わった事

    今日はコロナウイルスで変わった事を書いていきたいと思います。僕…

  2. アシスタントに向けて

    東京ガラパゴス現象

    先日とあるディーラーさんと打ち合わせをしていた時に気になったワード…

  3. アシスタントに向けて

    ふるさと納税できる余裕

    昨年末にうちのスタッフと話していたら「ふる…

  4. アシスタントに向けて

    美容師さんに伝えたい事

    まだテストの段階ですが、僕がホームページを作ってやりたい事があ…

  5. アシスタントに向けて

    イエスマンはいらない

    ちょっとそこまで…ベトナムのダナン…

  6. アシスタントに向けて

    美容師が続けれる人の特徴

    最近凄く考える事がありますどうしたら美容師を続けるんだろうか?と。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. オーナーに向けて

    ホームページ作成に150万払って分かった事。part1
  2. オーナーに向けて

    美容師の働き方を見直すタイミング
  3. スタイリストに向けて

    これからの美容師が大切にする事
  4. スタイリストに向けて

    銀行から融資が降りた話
  5. お知らせ

    40歳以上でも美容師で働く方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。