アシスタントに向けて

イエスマンはいらない

ちょっとそこまで…

 

ベトナムのダナンに行ってきました!

独立してからバタバタしていたので、ちょっとだけリフレッシュさせて貰いました。

そんなバカンス中もブログのネタをコツコツと書いていたのですが、海外からだとブログが更新出来ず…

 

どうやら海外からアクセスしようとすると、アクセスをブロックされる仕組みになっており。

アップ出来ない代わりに、ネタを沢山増やしておきましたー

さて今回は意思表示について書いていきたいと思います。

特にディスカッション形式みたいなのは日本人は苦手な人が多いと思いますが、特に会議とかになると思った事をきちんと伝えたり出来る人は少ないのではないでしょうか?

 

僕も色々な会社でミーティングや会議などで経験しました。

 

若いうちはこうでした

 

発言しても中身がなかったり…

 

本質とズレた事を言ってしまったり…

 

発言するのも大変だし、大人の世界に入っていくには経験も慣れも必要ですよね。

 

自然とポジションが上がってくると責任を問われてきます。

 

ポジションが上がってきたから…という訳ではないですが、急に発言して下さい。と言われても中々大人数の前では発言できません。

小学生の頃の音楽の授業で歌のテストがあった思い出…

声が裏返って焦った記憶…

恥ずかしいっ!!

 

1年目だろうが、10年目だろうが、思った事は話すくせをつける事。

 

それと同じくらいきちんと聞けること。

 

きちんと話しあって会社の事など前向きになれるよう話し合わなければ意味がないですよね?

 

わざわざ営業前や営業後に時間を作ってる訳ですから。

 

どうせなら有意義な時間にしたいですよね。

 

でもそこで…

 

「変な事言ったらどうしよう?」

「上手く話しを合わせておけば…」

「参加したフリしておけば…」

「そこまで考えれないし、なんなら早く帰りてー」

「自分に責任を取られるのは嫌だから…」

 

コレって…

僕の目線だったら発言しないのなら

その場にいないのと同じかな?

と思います。

もしくは後出し…

上の立場の方が発言したものに対して被せ、同意する。

忖度

そんな言葉もニュースでは当たり前に使われますよね

何百人、何千人と社員さんがいるなら尚更組織としては色々な人間関係があるのでしょう

だって日本人だから気を使うし、上をたてますよね。

当然な事。

 

でもね…

 

僕は美容師になって思ったのが、お客様のみならず、スタッフにもめっちゃ気を使うって事。

 

社会人だったら当たり前だけど、先輩が残ってたら先に帰っちゃダメだとか、技術を教わるから、飲み席ならお酌したり、挨拶したり、、

 

終わったらドッと疲れます。

 

それが社会のルール。

でも思うのです…

 

会社の未来や発展的な話し合いをする為にはそういうのって必要なの?

 

そこにイエスマンはいらなくないですか?

 

気を使う所はそこじゃなくて、お客様の為、スタッフの為になる事。

 

クリエイティブでかつ柔軟に…

例えば

 

ブレインストーミング

 

否定はせず案を出し合い、意見を吸う。

店長がいたら…

社長がいたら…

本音は話せない。

話しにくい。

「本音はキツイっす…」

「それっておかしくないっすか!?」

「もっとこうしたいのに!」

……

………

でも言えない。

 

意味がないなぁーって思う。

 

理想は

上下関係なく、社長がいても店長がいても全員意見の言える風通しの良い環境を作る事。

それが僕の理想。

間違っててもいい。

みんなの意見がダイヤのように削りあって、いつの日か磨かれていく…

そんな仲間を増やしていきたい。

そう思います。

 

ではまたー

タカオ

ピックアップ記事

  1. 生涯アシスタント制度ってどう?
  2. 撮影費ってどうしてますか?
  3. 2店舗目の美容室を出店する理由

関連記事

  1. アシスタントに向けて

    店販50%バックですが何か?

    うちのサロンはシャンプーやトリートメントなどの売り上げの半分をスタッフ…

  2. アシスタントに向けて

    東京ガラパゴス現象

    先日とあるディーラーさんと打ち合わせをしていた時に気になったワード…

  3. アシスタントに向けて

    ふるさと納税できる余裕

    昨年末にうちのスタッフと話していたら「ふる…

  4. アシスタントに向けて

    美容師は独立するのか会社に残るのか

    美容師の人生の選択肢は意外と少ない気がします。35歳の僕の感覚…

  5. お知らせ

    40歳以上でも美容師で働く方法

    はじまして。タカオと言います。簡潔に自己紹介を。…

  6. アシスタントに向けて

    生涯アシスタント制度ってどう?

    最近美容師をしていてたまにこんな事を耳にします。「スタイリスト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. オーナーに向けて

    ロング料金ってどうしてますか?
  2. スタイリストに向けて

    美容師のフリーランスと正社員の今後について
  3. スタイリストに向けて

    単価で最低1万円頂く理由。
  4. オーナーに向けて

    ホームページ作成に150万払って分かった事。part2
  5. お知らせ

    2店舗目の美容室を出店する理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。