アシスタントに向けて

店販50%バックですが何か?

うちのサロンはシャンプーやトリートメントなどの売り上げの半分をスタッフの給与に還元してます。

細かく言うと、利益の半分をバックしてます。

例えば2000円のシャンプーがあります。

仕入れ値が1000円だとしたら利益は1000円ですよね?

税金を抜いた分で1000円の半分をお店とスタッフとに分けて還元しています。

何でそんな事したか?

答えは2つ。

1つは

お客様とスタッフとの信頼関係

で成り立っているから。

スタッフとお客様の関係性で販売したものを、会社に99%取られる訳で…

多分普通にやる気無くすよね〜

僕は現役で雇用されていた時に周りにそんなスタッフばかりで、別に店販売らなくていいんじゃね?みたいな雰囲気はあったかな?

アシスタントの子は特に。

そんなんで育ったら実力ある美容師にはなれないよね。

ボランティアじゃないから、プロなら働いた分貰えないと。

プロ野球なりプロサッカー選手なり、活躍してる人程給与として貰ってますよね?

それと同じ。

お客様と美容師との関係で成り立っている訳ですから、それを根こそぎ奪ってしまうような気がします。

ちゃんと還元してあげたいですよね。

もう1つは

いつまでも同じ事してたら美容師の地位は変わらないから。

はっきり言って経営者からしたら負担です。

だって黙ってたら貰えちゃうから。

それが経営者の醍醐味だとしたら、なんか違う。

と僕は思う。

ちゃんと技売だけで運営していけるように考えないとね。

しかも半年分まとめて、ボーナスにしてます。

きっと貰う側は嬉しいよね。

合わせてやり甲斐も感じて欲しい。

お金が全てじゃないけど、ボランティアじゃない。

やる事やらないとね。

これからスタッフが増えたら、みんなで頑張った分割る人数でやっても良いよね。

夢がある事。

沢山作っていきたいですよね。

今日はこんな感じでさようなら〜

ピックアップ記事

  1. コロナ禍の中でお客様と美容師の価値観が変わった事
  2. 2店舗目の美容室を出店する理由
  3. 撮影費ってどうしてますか?
  4. 生涯アシスタント制度ってどう?
  5. 美容師が続けれる人の特徴

関連記事

  1. アシスタントに向けて

    ふるさと納税できる余裕

    昨年末にうちのスタッフと話していたら「ふる…

  2. アシスタントに向けて

    20205050問題

    20205050この数字を…

  3. アシスタントに向けて

    美容師は独立するのか会社に残るのか

    美容師の人生の選択肢は意外と少ない気がします。35歳の僕の感覚…

  4. オーナーに向けて

    ホットペッパービューティーで集客力をあげる方法 【基礎編】

    今日は美容室の集客の要といっても過言ではないホットペッパービューティー…

  5. スタイリストに向けて

    女性が働きやすい環境って?

    女性が働きやすい環境について今日は書いていきたいと思いますとい…

  6. スタイリストに向けて

    美容師のフリーランスと正社員の今後について

    最近個人的に興味深い話しがあります僕の奥さんの話しなんですが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. オーナーに向けて

    100歳まで生きる時代に美容師はどう生きていくか?
  2. 自作ホームページ

    【素人目線】HPやblogのバナーとサロンのロゴの入れ方
  3. スタイリストに向けて

    キャンセルはいつからOKになったのか?
  4. スタイリストに向けて

    2店舗目を出す時の経営者の本音
  5. お知らせ

    iPad ProとApple pencilを買ったので、こんな事してみた
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。