スタイリストに向けて

2店舗目を出す時の経営者の本音

 

実は明日6/17に2店舗目をオープンします!

なのでバッタバタでブログ書けてませんでした…

無事全ての工事も無事に終わり、後は本番まで慣らしていくのみ。

 

 

オープンして2年目で2店舗と聞くと響きは悪くないけど、実際2店舗目を出していく時って勢いでしかないと感じています。

だって1店舗のままでも充分間に合ってるし、スタッフも手が届く範囲で、お客様も今喜んで貰ってる方のみでいい…

そういう考えもアリだよね。

1店舗でこだわってやる。

自分が思い描くコンセプトや厳選した薬剤やインテリアなど…

こんなお客様に来て欲しい。

こんな技術で。こんなおもてなしで。

今まで思い描いてきた自分なりのベストを形にしてみた。それが1店舗目のオープンしたサロンですよね。

だから1店舗にかけた思いで意外と完結していたりもします。

では2店舗目はなんなのか?

お客様がたくさんご来店下さっているから?

(繁盛しているから?)

利益の為なのか?

色々理由はあると思うのですが、僕は今回2店舗目を出店する事によって思う事があります。

それは同じ志を持った美容師を増やしたい。

そういう欲がとても出てきました。

真面目に美容師をやってきた美容師さんが活躍して欲しい。という思いを自分自身と重ねている所もあり…

30前後で

「自分ってこのまま行ったら大丈夫かな…」

という不安を払拭出来るサロンを作りたかったんです。

やっぱり年齢を重ねていけば体力も落ちるし、客層も変わる。

体力が落ちれば担当出来る人数も少なくなる。

担当出来る人数が少なくなるなら、単価は高く出来る様になるべきでは?という持論が僕はずっとあった。

原宿という土地で働いたからこそ、移り変わりの激しさを目の当たりにして

【ずっと働ける場所ではない】

そう肌で感じたからだ。

では高い単価とは?

技術的にも人間的にも気配りや空間など色々ですよね。

方法はたくさんあるけど、僕が出した答えは

【一生お付き合いの出来る美容師になるという選択】

でした。

重く聞こえるかもしれないけど、そういう覚悟でお客様と向き合った。

独立しこの2年間で得た手答えと自信を僕は頑張っている美容師さんと出会い、一緒に活躍出来るサロンとして提供したいと思っています。

さっきも言ったけど、

「このままで大丈夫か…」

寝る間も惜しんで頑張ってきたその技術

お客様も大切にしたい、喜んでもらいたいというおもてなしの気持ち

失敗や成功を繰り返して培ってきた人間関係

真面目にコツコツとやってきた美容師さんが発揮出来る環境を考えて作ったのがうちの会社です。

2店舗目がまさにそういう思いを形にしたサロンなのです。

ちなみに前の会社では1から100までランキングが発表されていました。

上位にいる人はもちろん努力し、そこの位置にいる理由もあると思います。

でもポイントを押さえていれば誰でも上位になれると僕は思っていて、そこのコツをサロンでは伝えています。

回転率や早く回す事や、スタッフとの連携などはひとまず置いておいて…

目の前のお客様に

【ずっとお付き合い出来る様に】

そう思って美容師をしてみて欲しい。

お客様の反応も変わるし、本当に沢山ご来店下さいます。

そうなると当然給与も安定しますよね。

マンツーマンだからバック率も高いから1人1人丁寧にやればやっただけやり甲斐も手答えも返ってきます。

そんた理想的なサロンを美容師さんに体験して貰いたい。

その為にも出店したんだなぁと改めて思います。

理想を追い求めて…

それが僕の本音です。

明日の2店舗目のオープンに向けて…

頑張ります!

ではまたー

タカオ

友だち追加

ピックアップ記事

  1. 撮影費ってどうしてますか?
  2. 2店舗目の美容室を出店する理由
  3. 生涯アシスタント制度ってどう?

関連記事

  1. アシスタントに向けて

    20年後の美容師はどう生きていくか?

    いや、これは本当に勝手な話しというか…そうあって欲しいという願…

  2. スタイリストに向けて

    手抜きとミスの違い

    先日とあるTVを見ていた時に「これ。めっちゃ分かるわー」…

  3. スタイリストに向けて

    ハサミを置くメリット。ハサミを持つメリット。

    ふと思ったんですが、このブログを読んで下さっている…

  4. アシスタントに向けて

    店販50%バックですが何か?

    うちのサロンはシャンプーやトリートメントなどの売り上げの半分をスタッフ…

  5. スタイリストに向けて

    美容師のフリーランスと正社員の今後について

    最近個人的に興味深い話しがあります僕の奥さんの話しなんですが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. アシスタントに向けて

    20205050問題
  2. スタイリストに向けて

    美容師のフリーランスと正社員の今後について
  3. スタイリストに向けて

    これからの美容師が大切にする事
  4. アシスタントに向けて

    ミーティングでおススメ。繁盛店に必要な3つの条件。
  5. スタイリストに向けて

    単価で最低1万円頂く理由。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。