スタイリストに向けて

キャンセルはいつからOKになったのか?

タイトル通りなのですが、まず始めに…

時間に遅れてきたり、急に予定が入って行けなくなったり…

そんな時にいつしか僕はこういう風に言うようになっていた。

「あ、大丈夫っすよー」

と。

大丈夫っすよーの中には

悲しみ、怒り、諦め…

入り混じった中に強くNOと言えない日本人気質な自分がいました。

以前勤めていた会社は30分毎に予約を入れていて、アシスタントが手伝ってくれた。

だから1人くらい仕方ない…

なんて思ってました。

遅れてきたお客様がズレた分は…

なんとかするしかない…

とまぁ思っていましたね。

ぶっちゃけ不快だし、仕事に支障でるし…でとそれでもリカバリーするのがプロ。

と思っていましたが…

独立を機にその考えはスッパリ辞めました。

今ではキャンセル料を頂いてます。

当日キャンセルは施術料金の100%

前日キャンセルは50%

傲慢に見える方もいらっしゃると思います。

「多少遅れたり、急に予定入ったりするじゃない!?」

そんな声もあると思います。

そういうお客様は何度も同じ事をしてしまうし、こちら側がさせてしまうのです。

そう…

僕ら美容師がそうさせてきたんです。

きちんと来て下さる方を大切にしてあげたいですよね。

ホテルや旅館、大切な方との待ち合わせ。

時間や場所など確認してきちんと向かいますよね?

仲の良い気の知れた仲間や家族だと

「ちょっとごめん遅れる~」

「やっぱり今日行けない」

僕が知る限り本当に親しい友人はきちんと守ります。

それと同じですよね。

信頼関係で人と人とは繋がっている。

そこをシンプルに大切にしたいですよね。

ちなみに体調を崩したり、お子様の急な発熱などはもちろんオッケーです。

信頼関係ですからね。

うちみたいに少人数制のサロン経営だったらなおさらの事。

人数でカバー出来ない分、質にこだわる。

ただそれだけ…

いつからなあなあになってしまったのでしょうか?

でもそうしてきたのは僕らだったのかもしれません。

自分のサロンはどうですか?

今日はここまで。

ではまたー

タカオ

ピックアップ記事

  1. 撮影費ってどうしてますか?
  2. 生涯アシスタント制度ってどう?
  3. 2店舗目の美容室を出店する理由

関連記事

  1. アシスタントに向けて

    ふるさと納税できる余裕

    昨年末にうちのスタッフと話していたら「ふる…

  2. アシスタントに向けて

    20年後の美容師はどう生きていくか?

    いや、これは本当に勝手な話しというか…そうあって欲しいという願…

  3. アシスタントに向けて

    美容師は独立するのか会社に残るのか

    美容師の人生の選択肢は意外と少ない気がします。35歳の僕の感覚…

  4. スタイリストに向けて

    頑張らなくてもいい年齢とは?

    先日入社したスタッフが1カ月も持たずに退社しました。辞めてしま…

  5. オーナーに向けて

    100歳まで生きる時代に美容師はどう生きていくか?

    今年の夏は暑いですね…台風も東から西へと変わった気候が続きます…

  6. スタイリストに向けて

    最近雑誌買ってますか?

    ふと思ったんですけど…雑誌って最初皆さん購入してますか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. スタイリストに向けて

    最近雑誌買ってますか?
  2. スタイリストに向けて

    キャンセルはいつからOKになったのか?
  3. アシスタントに向けて

    イエスマンはいらない
  4. オーナーに向けて

    バ○ュープランでプ○○ナを超えた!?
  5. アシスタントに向けて

    ふるさと納税できる余裕
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。